注文住宅専門誌などを参考にする

専門誌は見比べることが大事

注文住宅を建築しようと考えている場合には、まず頭の中にイメージを作り出すことが重要です。最初からイメージがある人は特に雑誌などをみる必要はありませんが、ほとんどイメージが湧かないかイメージが湧いてこない場合には注文住宅の専門雑誌を手に入れると良いでしょう。専門雑誌には、普段目にすることがない注文住宅の情報などが描かれているためそれを見るだけでもかなり勉強になります。ただ、一冊だけ見ても勉強になったつもりになっているだけで実際にはいくつかの専門雑誌を比較しコンセプトを明確にすることが重要です。

専門雑誌は、出版している会社によっても方向性が異なるため様々な方向性から見ることで、本当に良い住宅を建築できるようになるでしょう。少なくとも、3冊ぐらいは見比べて自分の中でより良いアイデアを見つけ出すようにしましょう。

スクラップをして貼り付けておく

専門雑誌の中にも写真が掲載されているものが多いですが、自分が気に入ったものや夫婦で話し合ってよさそうと感じた写真は切り取っておくことが必要です。なぜ切り取ることが必要かといえば、情報を一つにまとめておき必要になったらそれを見ることでイメージしやすくなるからです。雑誌が一冊だけならば特に切り取る必要はありませんが、いくつなの雑誌を読んだ場合どこに何が書かれていたのか、あるいはどこに理想とする住宅の写真があったのかが分からなくなってしまいます。

切り取る場合には、一冊のノートを利用して貼り付けておくべきでしょう。また、不動産会社の人と話しをする場合にノートを見せればおおよそどのような住宅をほしがっているのか理解してもらえます。

© Copyright House Design Ideas. All Rights Reserved.